PLAY GOD「ROCK STAR SYNDROME」

夢から醒めた俺には 惨めな朝が待っていて
気分は深い水色さ

散らかった部屋の隅で 埃だらけのギターが
同じ曲を繰り返す

何もかもこうして 過ぎ去っていくのか
あまりに虚しい

あの日バンド辞めなきゃよかった
そしたら今頃ロックしてたかもしれない

眩いステージ ゴージャスな夜
振りすぎたシャンパン 泡だらけになって
酔いが醒める事はない

 

前から考えていた 凝り固まった世界から
自由になるための方法

少し右にずれてたって 横から見れば大して
違う所はないのにね

何も言わぬまま 見て見ぬ振りした
罪は重くて

自分に嘘をつかなきゃよかった
そしたら今頃ロックしてたかもしれない

偽善者たちが言う 愛の言葉は

バラバラになって 風に舞いながら
瞳を曇らせた

 

街灯が照らす夜道 全て脱ぎ捨てていく
誰も待ってないけど ただいま

笑わないで聞いておくれよベイベー
ロックスター夢見てた

笑うなら聴かなくていいぜ
俺はロックスターさ

 

music and words by KISAI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)